Loading…

「天使が消えた街」9月5日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町他全国順次公開

少女は二度と戻らない、彼女の心は「映画」に刻まれるー

イタリア、古都シエナ。世界的な一大スキャンダルと化した英国人女子留学生殺害事件。事件の“闇”に切り込む、映画監督トーマス。彼が映し出す、もうひとつの≪真実≫とは―

イントロダクション

世界的な一大スキャンダルと化した女子留学生殺害事件 その狂騒と闇の彼方に葬られた大切な〈真実〉とは?

 2007年11月2日、イタリアのペルージャにある共同フラットの一室で、メレディス・カーチャーというイギリス人留学生の他殺体が発見された。まもなく警察に逮捕されたのは、ルームメイトのアメリカ人留学生アマンダ・ノックスとその恋人のイタリア人男性。しかし事件は“一件落着”するどころか、捜査関係者さえも予想のつかない展開を見せていく。殺人容疑者アマンダが若く美しい女性だったため、地元イタリアのみならず米英のメディアの報道合戦が過熱化。セックスやドラッグが絡んだ事件の背景が誇張して伝えられ、アマンダや被害者のプライベートの情報がネット上に拡散するなど、事件の本質とはかけ離れたさまざまな問題が噴出した。さらに捜査上のミス、決定的な証拠や動機の欠如といった複数の要因により、裁判の判決が二転三転したことも混乱に拍車をかけた。

 かくしてイタリア犯罪史上最も国際的な注目を浴びた事件のひとつとなったこの実話“アマンダ・ノックス事件”に、一連のセンセーショナリズムとはまったく異なる視点で興味を抱いたフィルムメーカーがいた。『ひかりのまち』『イン・ディス・ワールド』『いとしきエブリデイ』といった多彩なジャンルの快作を放ち、近作『イタリアは呼んでいる』を日本で大ヒットさせたマイケル・ウィンターボトム監督である。

 すでに“アマンダ・ノックス事件”に関しては数多くのノンフィクションやドキュメンタリーが発表されており、ウィンターボトム監督の狙いは再現フィルム的なクライム・スリラーや真犯人を裁くためのミステリー映画を作ることではなかった。このうえなく惨たらしく悲劇的な殺人事件が、ふたりの若い女性を主人公にした昼メロ調のジェットコースター・ドラマに仕立てられ、大衆に消費されていったのはなぜなのか。イギリスを代表する名匠はそんなメディアの姿勢に疑問を投げかけながら、混迷した事件の闇の中に独自のヒューマンな“真実”を見出し、観る者の心を揺さぶる重層的な映画を完成させた。

イタリアの古都を舞台に大胆な視点で実話を映画化した名匠マイケル・ウィンターボトムの新たなる挑戦

 2011年、イタリア・トスカーナ州シエナ。中世の雰囲気漂うこの美しい街は、4年前にイギリス人女子留学生が殺害された事件の話題で持ちきりだった。容疑者であるルームメイトのアメリカ人留学生ジェシカと被害者のエリザベスがどちらも若く美しい女性であり、事件の背景にはセックスやドラッグが絡んだため、地元イタリアのみならず米英のマスコミ報道が過熱化。この事件の映画化をオファーされた気鋭の監督トーマスはジャーナリストのシモーンと共に現地に乗り込む。事件の真偽が不確かな状況の中、創作上の迷いに苦しむトーマス。彼はシエナで出会った天真爛漫な女子学生メラニーの存在に心癒やされ、“本当に撮るべきもの”に気付き始めていく・・・。

 実際の事件から登場人物の名前や舞台となる街を変更したウィンターボトム監督は、映画監督トーマスという架空の主人公を創造し、ドキュメンタリー的な題材とフィクションの手法を大胆に融合。劇中劇や幻想シーンの挿入、詩人ダンテの代表作である「神曲」「新生」の引用によって、奥行きのある映像世界を構築した。中世の面影を色濃く残す古都シエナの風光明媚な魅力と、迷宮的な街の構造を生かしたロケ撮影の妙も際立っている。

 そしてウィンターボトム監督が、本作を通して探求したのが“愛”や“尊厳”という根源的なテーマである。若くして命を奪われた被害者と遺族の悲しみに目を向けるとともに、心のよりどころを求めて苦悩するトーマスと愛娘の関係を描出。実際の事件の被告となったアマンダ・ノックスは人目を引く美貌の持ち主ゆえに“天使”とも呼ばれたが、ウィンターボトム監督は観客それぞれがかけがえのない愛する者=“天使”に思いを馳せずにいられなくなるエモーショナルな作品を紡ぎ上げた。

 監督が少なからず自身の心情を投影したであろう主人公トーマスを繊細に演じたのは、『ラッシュ/プライドと友情』のニキ・ラウダ役が記憶に新しいダニエル・ブリュール。『アンダーワールド』シリーズのようなアクション大作から良質なドラマまで幅広く活躍するケイト・ベッキンセイルが、トーマスのリサーチに協力するジャーナリストに扮している。また世界的なトップモデルのカーラ・デルヴィーニュが、窮地に陥ったトーマスを救う女子大生メラニー役で出演。本作の“希望”を象徴する重要なキャラクターをしなやかに体現し、本格的な長編映画デビューを飾った。

ストーリー

 2011年、気鋭の映画監督トーマス・ラング(ダニエル・ブリュール)がイタリアのローマに降り立った。彼の目的は、2007年にトスカーナ州の古都シエナで起こった殺人事件をリサーチすること。ここ数年、思い通りの映画を撮ることができず、キャリアの岐路に立たされているトーマスにとって、この事件を映画化する新作プロジェクトは再起のチャンスでもあった。ローマ在住のアメリカ人ジャーナリストで、事件に関する詳細なノンフィクションの著者でもあるシモーン・フォード(ケイト・ベッキンセイル)と対面したトーマスは、「映画化するならフィクションにすべきよ。そうでなければ真実は描けない」とアドバイスされる。

 4年前に発生した事件の発端は、シエナの大学に通っていたイギリス人留学生エリザベス・プライスが、街外れにある共同フラットの自室で半裸の遺体に変わり果てて発見されたこと。まもなく彼女のルームメイトであるアメリカ人留学生ジェシカ・フラー、その恋人のイタリア人青年、エリザベスのバイト先のバー経営者の3人が殺人容疑で逮捕された。しかしこの事件は、その後の裁判を通して異様な展開を見せていった。ジェシカの人目を引くセクシーな容姿や奔放な振る舞いが脚光を浴び、過熱したメディアは虚実入り混じったスキャンダル報道を連発。すでにジェシカは一審で有罪判決を受け、今まさに世界中が注目する控訴審が始まろうとしていた。

 シモーンとともにシエナを訪れたトーマスは、想像をはるかに超えたメディアの狂騒に驚きを隠せない。ひたすら読者の好奇心を煽る記事を書き続けるイギリスのタブロイド紙記者、ジェシカの家族の独占取材を目当てに彼女たちをサポートするTVプロデューサー。さらに警察や裏社会の事情に通じる謎めいた人気ブロガー、エドゥアルド(ヴァレリオ・マスタンドレア)は、訳知り顔でジェシカは無罪だとトーマスに言い放つ。そして自宅があるロンドンに一時帰国したトーマスは、映画のプロダクション関係者とのミーティングに参加するが、まだ作品の方向性も定まっていない段階だというのに、有名女優の起用にばかり興味を示す彼らに違和感を抱いてしまう。

 実は、トーマスはプライベートで大きな難題を抱えていた。離婚した女優の妻との間で、最愛のひとり娘ビーの親権をめぐって揉めているのだ。その問題から現実逃避するかのようにイタリアへやってきたトーマスは、エリザベス殺害事件を単なる犯人捜しの再現映画にするのではなく、独自の“真実”をあぶり出す作品にしたいと考えていた。

 決定的な証拠が存在しない事件の真相は、いくらリサーチを重ねても藪の中。公私共に出口のない迷宮にさまよい込んでしまったトーマスの心を癒やしてくれたのは、シエナの街のガイド役に雇った大学生メラニー(カーラ・デルヴィーニュ)の存在だった。眩いほどの若々しい魅力をふりまき、何かと世話を焼いてくれるメラニーに娘にも似た愛おしさを感じるようになったトーマスは、懸命に脚本の執筆を続けていく。それは被告のジェシカではなく、何者かによって輝かしい未来を絶たれた被害者エリザベスとその遺族の立場に寄り添った“愛”の物語だった。

実際の事件について

ペルージャ英国人女子留学生殺害事件とは?

 2007年11月2日、イタリアの古都ペルージャの大学に留学中のイギリス人女子学生メレディス・カーチャーの死体が、共同フラットの自室で発見された。死亡日は前夜の11月1日で、凶器は被害者のノドなどを深々と切り裂いた鋭利な刃物だった。殺人事件として捜査を開始した地元警察は、カーチャーのルームメイトで同じ大学に通っていたアメリカ人女子学生アマンダ・ノックスと、その恋人のイタリア人男性ラファエル・ソレシト、アマンダの顔見知りのコートジボワール人男性ルディ・グエデの3人を逮捕。その後の裁判を通して、グエデは殺人と性的暴行の罪で禁固16年の刑が確定した。

 一方、別審理となったアマンダ、ソレシト両被告は共に容疑を否認。2009年12月の一審判決でアマンダは禁固26年、ソレシトは禁固25年を言い渡されるが、2011年10月の控訴審では両被告共に逆転無罪となった。証拠のDNAや目撃証言の確実性が疑問視されたこと、犯行動機の欠如などが無罪判決の理由だった。ところが2014年1月の差し戻し裁判では、アマンダが禁固28年6ヵ月、ソレシトが禁固25年の有罪判決が下される。アマンダは控訴審後に釈放されてアメリカに帰国していたため、差し戻し裁判は彼女不在で行われた。一貫して無罪を主張してきたアマンダは、この“再逆転”の有罪判決を不服とし、イタリアに戻るつもりはないと主張。その後の2015年2月、アメリカのメディアは彼女がロック・ミュージシャンと婚約を交わしたことを報じた。

 そして2015年3月27日、イタリア最高裁はアマンダ・ノックスに対する殺人の有罪判決を覆し、再度逆転無罪を言い渡した。この二転三転した裁判劇も終結を迎えた模様。

 事件発生直後から欧米のメディアは、被害者ではなく容疑者のアマンダに注目。彼女が“天使”と形容されるほど美しい容貌の持ち主で、事件が乱交セックスやドラッグ絡みだったことから、昼メロさながらの一大スキャンダルへと発展していった。また『天使が消えた街』の原作となったバービー・ラッツァ・ナドー著の「ANGEL FACE: Sex, Murder and the Inside Story of Amanda Knox」など数多くのノンフィクションが出版され、2011年にはアメリカで「Amanda Knox: Murder on Trial in Italy」(ロバート・ドーンヘルム監督)というTVムービーも製作された。“アマンダ・ノックス事件”とも呼ばれたペルージャ英国人留学生殺害事件は、現時点においても数多くの謎が残されており、未だ真相は闇の中である。(敬称略)

プロフィール

ダニエル・ブリュール

ダニエル・ブリュール

 1978年、スペイン・バルセロナ生まれ。TVディレクターであるドイツ人の父親とカタルーニャ人の母親の血を引き、生後まもなくドイツに移り住む。十代半ばで俳優デビューし、数多くのTV作品に出演したのち、映画界に進出。東西ドイツの統一を背景にしたヒューマン・ドラマ『グッバイ、レーニン!』(03)の主人公アレックス役で一躍ブレイクし、ヨーロッパ映画賞の男優賞に輝いた。その後は多彩な語学力を生かし、国際的なスター俳優に成長。最近ではロン・ハワード監督、クリス・ヘムズワース共演の実録ドラマ『ラッシュ/プライドと友情』(13)におけるニキ・ラウダ役で絶賛された。そのほかの主な出演作は『青い棘』(04)、『ラヴェンダーの咲く庭で』(04)、『ベルリン、僕らの革命』(04)、『戦場のアリア』(05)、『サルバドールの朝』(06)、『パリ、恋人たちの2日間』(07)、『ボーン・アルティメイタム』(07)、『イングロリアス・バスターズ』(08)、『みんなで一緒に暮らしたら』(11)、『コッホ先生と僕らの革命』(11)、『ニューヨーク、恋人たちの2日間』(12)、『セブン・デイズ・イン・ハバナ』(12)、『フィフス・エステート/世界から狙われた男』(13・未)、『誰よりも狙われた男』(13)など。

ケイト・ベッキンセイル

ケイト・ベッキンセイル

 1973年、イギリス・ロンドン生まれ。TVムービー「風に向かって」(91)で本格的な女優デビューを飾り、オックスフォード大学在学中にケネス・ブラナー監督によるシェイクスピア劇の映画化『から騒ぎ』(93)のヒロインに抜擢される。2000年頃からハリウッドに進出し、戦争スペクタクル大作『パール・ハーバー』(01)でスター女優の仲間入りを果たした。その後は『アンダーワールド』シリーズ(03・06・09・12)で華麗なアクションを披露する一方、『セレンディピティ』(01)、『しあわせの法則』(02)、『スノー・エンジェル』(07・未)などで豊かな演技力を発揮している。そのほかの主な出演作は『月下の恋』(95)、『シューティング・フィッシュ』(97)、『ブロークダウン・パレス』(99)、『金色の嘘』(00)、『アビエイター』(04)、『ヴァン・ヘルシング』(04)、『もしも昨日が選べたら』(06)、『モーテル』(07)、『ブレイキング・ポイント』(08・未)、『ザ・クリミナル 合衆国の陰謀』(08・未)、『みんな元気』(09)、『ホワイトアウト』(09)、『ハード・ラッシュ』(12)、『トータル・リコール』(12)、『リーガル・マインド ~裏切りの法廷~』(13)など。

ヴァレリオ・マスタンドレア

ヴァレリオ・マスタンドレア

 1972年、イタリア・ローマ生まれ。『映画泥棒』(94・未)で映画デビュー。その後、重厚な人間ドラマやコメディなどの多彩なジャンルの作品に出演し、イタリア映画界を代表する人気俳優のひとりとなる。パオロ・ヴィルズィ監督作品『はじめての大切なもの』(10・未)でイタリアのアカデミー賞にあたるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞の主演男優賞を初受賞。イヴァーノ・デ・マッテオ監督作品『幸せのバランス』(12)で再び同賞に輝いた。また、最近ではマルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督の実録犯罪映画『フォンターナ広場 イタリアの陰謀』(12)の主人公カラブレージ警視役を好演している。そのほかの主な出演作は『明日、陽はふたたび』(00)、『スズメバチ』(02)、『ナポレオンの愛人』(06・未)、『あのバスを止めろ』(07・未)、『見わたすかぎり人生』(08・未)、『ジュリアは夕べにでかけない』(09・未)、『錆び』(11・未)、『家の主たち』(12・未)、『司令官とコウノトリ』(12・未)、『自由に乾杯』(13・未)、『幸せの椅子』(13・未)など。

カーラ・デルヴィーニュ

カーラ・デルヴィーニュ

 1992年、イギリス・ロンドン生まれ。イングランドの歴史的建造物を保護するイングリッシュ・ヘリテッジの会長だった祖父を持つ名家に3人姉妹の末っ子として誕生し、長女クロエ、次女ポピーと同じくファッションモデルの道を進む。2011年、バーバリーの秘蔵っ子として業界で注目されたのち、数多くの人気デザイナーのショーに出演し、シャネルやH&Mのキャンペーン・モデルを務めた。ジョー・ライト監督の文芸ロマン『アンナ・カレーニナ』(12)で女優デビュー。『天使が消えた街』で初めて主要キャストのひとりに抜擢された。現在は女優業に本格的に取り組んでおり、ジョー・ライト監督、ヒュー・ジャックマン主演の冒険ファンタジー大作『PAN ネバーランド、夢のはじまり』(15)のほか、数多くの新作が待機中。

監督:マイケル・ウィンターボトム

監督:マイケル・ウィンターボトム

 1961年、イギリス・ランカシャー州ブラックバーン生まれ。オックスフォード大学で英文学を専攻し、ブリストル大学で映画制作を学ぶ。「心理探偵フィッツ」などのTVドラマやドキュメンタリーを手がけたのちに、劇場映画デビュー作『バタフライ・キス』(95)を発表。トマス・ハーディ原作の文芸映画『日蔭のふたり』(96)、ボスニア紛争を題材にした『ウェルカム・トゥ・サラエボ』(97)、ノワール調のラブ・サスペンス『アイ ウォント ユー』(98)、マイケル・ナイマンの音楽が印象的なヒューマン・ドラマ『ひかりのまち』(99)などで絶賛され、現代のイギリスを代表する監督のひとりとなった。

 その後もベルリン国際映画祭で金熊賞に輝いたドキュメンタリー調のロードムービー『イン・ディス・ワールド』(02)、1970年代後半から1980年代にかけてのマンチェスターを舞台にした音楽映画『24アワー・パーティ・ピープル』(02)、上海ロケを実施した近未来SF『CODE46』(03)、グアンタナモ収容所における悪名高き実話を映画化したベルリン国際映画祭・監督賞受賞作『グアンタナモ、僕達が見た真実』(06)、アンジェリーナ・ジョリー主演の実録社会派ドラマ『マイティ・ハート/愛と絆』(07)といった意欲作を発表。最近ではスティーヴ・クーガン、ロブ・ブライドンと組んだグルメ紀行映画の第2作『イタリアは呼んでいる』(14)が、日本でヒットしたことも記憶に新しい。そのほかの主な作品は『GO NOW』(95)、『いつまでも二人で』(99)、『めぐり逢う大地』(00)、『9 Songs ナイン・ソングス』(04)、『トリストラム・シャンディの生涯と意見』(05・未)、『Genova』(08)、『スティーヴとロブのグルメトリップ』(10・未)、『キラー・インサイド・ミー』(10)、『トリシュナ』(11・未)、『いとしきエブリデイ』(12)、『Mr.スキャンダル』(13)、『The Emperor's New Clothes』(15)など。